眼鏡の機能性を重視する人が選ぶべきレンズ

軽いレンズならズレが少ない

メガネをかけているときに気なるものが、下に下がってくることです。ズレてしまうと位置を直したりしないといけないので、その都度やっていると面倒です。特に近視が強い人はメガネのレンズも厚くなってしまい、その分重くなるので下がりやすくなります。その場合に有効なことはレンズの重さを軽くすることですが、超薄型レンズにすればある程度重さを抑えられます。またレンズが重いとそれだけ負担になるので、軽いものを選ぶことが重要です。ガラスレンズよりもプラスチックレンズを選んだ方が軽くなります。プラスチックレンズであれば、ガラスレンズよりも割れにくいので安全性も高くなります。超薄型レンズでも、ガラスレンズよりプラスチックレンズを選ぶようにしましょう。

非球面レンズなら歪みも少ない

メガネのレンズには、球面や非球面レンズがあります。中央部分が一番薄く端に行くほどに厚くなっていますが、それによって見え方に歪みがでてきます。度数が強くなるほど歪みは大きくなるので、視力が悪い人はできるだけ歪みを少なくしたいものです。そのような時におすすめなものが、非球面レンズになります。非球面レンズは球面レンズに比べて、レンズの中央と端の部分の厚さの違いが少ないです。これによって見え方のズレが少なくなるので、快適に過ごすことができます。また両面非球面レンズというものもあり、設計上歪みがもっとも少なくなっているものもあります。非球面レンズよりも歪みを少なく見たいという場合は、両面非球面レンズも検討してみましょう。

自分に似合う眼鏡を選ぶためには、自分の気に入ったデザインだけではなく自分の顔の形にあったものを選びましょう。