オーバルタイプの眼鏡が似合う顔

オーバルタイプの眼鏡の特徴と選び方のポイント

横長で楕円形のフォルムをしたオーバルタイプの眼鏡は、顔全体に柔らかく落ち着いた印象を与えます。掛け心地も眼鏡の縦幅を気にすることなく、自然な形で顔にフィットするのが特徴です。そもそも眼鏡を選ぶにあたっては、自分の顔についてよく理解しておく必要があります。この点、人の顔のタイプは大きく4つに分類することが可能です。

まず1つ目は丸顔。縦よりも横のフェイスラインがやや長く、全体的に温和な印象を与えます。次に2つ目は面長顔です。横よりも縦のフェイスラインが長く、全体的にはスマートな印象を特徴とします。続いて3つ目が逆三角顔です。こちらも縦に長いフェイスラインですが、さらに顎にかけてシャープなラインを描くのが特徴。そして最後の4つ目が四角顔です。全体的に直線的なフェイスラインで、クールで凛々しい印象を与えます。このうち自分の顔がどのタイプにあたるのか、眼鏡を選ぶ前によく把握しておくことが大切です。

オーバルタイプの眼鏡が似合うのはこんな顔の人

眼鏡をかけた顔のイメージを決定づけるのは、やはりフレームです。自分の顔のタイプを把握したら、それに見合ったフレームを探すことが、眼鏡選びで失敗しないコツと言えます。まずフレームの縦幅については、眉から顎までのうち3分の1に抑えることがポイント。その一方でフレームの横幅は、顔の幅とできるだけ一致させることが、大切なポイントになります。これらの縦幅と横幅のバランスを欠くと、顔が過度に大きく見えたり、目が小さく見えるなど、マイナスのイメージを与えることにもなるので注意が必要です。

先述したようにオーバルタイプの眼鏡は、顔全体に柔和な印象を与えます。このタイプの眼鏡でバランスを取るには、フェイスラインが直線的、あるいはシャープな顔の人が最適です。特に普段から表情が冷たく思われがちな人には、オーバルタイプの眼鏡によって、優しく穏やかイメージに変えることも期待できます。

めがねは主に視力補正のために使われます。場合によっては目を保護したり、おしゃれをする時にも用いることができる万能な器具です。